ごあいさつ

 

メンタルヘルス事業研究団体ハート・エイドのホームページにお越しいただき、ありがとうございます。

当研究団体は、助言・アドバイスをしない『自己解決型』のカウンセリング技術をもとに、企業・地域・学校などでメンタルヘルス改善のサポートをご提供しております。

企業でのメンタルヘルスケアが義務化されつつある中、職場のうつ病対策等を目的としたEAP(従業員支援プログラム)の重要性はますます高まっております。当社では、こうした取り組みを行う企業さまから依頼を頂き、社内むけのメンタルヘルス研修や継続的なご相談などのサービスを手がけてまいりました。

また、医療・介護、子育て支援、高齢者等に関わる各種支援団体の皆さまをサポートしながら、地域全体でメンタルヘルスケアに取り組むためのサポートを積極的に行いたいと考えております。

 

当団体のサービスについては、下記に詳細なご案内がございますので、クリックしてご覧ください。

 

企業むけ研修・EAP
 
復職のためのサポート
 
個別・グループカウンセリング
         
   

企業むけ研修・EAP(従業員支援プログラム)に関するご案内です。

→ 詳しくはこちら

 

休職中のサポートや復職のためのサポートに関するご案内です。

→ 詳しくはこちら

 

個別カウンセリングやグループカウンセリングについてのご案内です。

→ 詳しくはこちら

 

当研究団体の特徴

特徴1

助言・アドバイスを行わない自己解決型のカウンセリング技術

SATカウンセリングでは、いままでの成功、失敗などの体験により形成された”心(思考)のくせ”が、いま現在の目的達成上問題となる場合、その心のくせが何であるかを自ら気づくことにより、”本当はどうあるべきか”を自己設定し、行動できるよう支援する技術です。目標へのステップアップを”自己決定”するプログラムであるため、助言やアドバイスは内在いたしません。

このことは、メンタルタフネスへの向上技術であり、産業カウンセリング上最も適したコーチング技術です。

特徴2

能力開花への期待

構造化連想法(SAT;Structured Association Technique)は、”直感脳の右脳”と”分析脳の左脳”という両方の長所を活かしながらすすめるため、自らの問題解決能力を向上させる技術でもあります。

また、カウンセラーの基本スキルは、信頼関係構築力(ラポール形成)を育み、コミュニケーション能力の向上も期待されます。

特徴3

地域で連携しながら、メンタルヘルスケア向上を図ります

当研究団体では、医療・介護、子育て、高齢者等の支援に関わる各種支援団体の皆さまにサポートをご提供しながら、地域全体で連携してメンタルヘルスの向上に取り組んでゆけるよう、努めております。

研修後の感想

●新入社員対象研修

  • ストレスが悪いものだけでないことを知って、ストレスとの付き合い方が学べた
  • 意外と自分自身のことについて考えることをしていなかったことに気づいて良かった
  • 感情的な人に対応すると落ち込んでいたが、これからはうまく対応ができるように思う
  • 違う視点から自分を判断するということがとても新鮮だった

 

●管理職対象研修

  • いままでは話の途中で質問していた、ブロッキングについても注意したいと思う
  • コミュニケーションでは、相手に自分の期待や感情を伝えることが有効であること
  • 傾聴について、とにかく実践していかなければ身につかないことを改めて認識した
  • 傾聴を阻害するブロッキングを普段しがちだということがわかった

 

 

●継続サポート研修

  • 現実から逃避している自分を再確認した
  • 自分が他者からどう思われているか考えたこともなかった
  • 自分の現状を振り返る時間が必要だと感じた
  • 思ってみなかった「やりたいこと」「やらなければならないこと」に気づけた
  • 年数回このような機会があるといい

 

 

 

お気軽にご相談ください

045-541-9078

受付時間 : 10:00〜20:00

月曜定休

※お電話がつながりにくい場合は、
下記フォームからご連絡ください。

→ 無料相談フォーム

カウンセラーの学舎(まなびや)
当研究団体のご紹介